SPRAY BIKE

このブログを放置して、ふと気がつけば2年経っていました。

自転車はボチボチと代わり映えもなく。バイクは一台増えたり。

さて先日、初代オニキス号をセルフペイントしました。下処理がいらないとウワサのSPRAY BIKEを使用。

ブログタイトルにしているブルーを少し残して。。。

5m離れて薄目で見たら良い感じ。

スプレーバイクは塗料の出方にややムラがありザラつく箇所がちらほら(温めて5分ぐらいシェイクしたけど)。私が下手なだけかもしれませんが質を求める人には向かないかも。でも下処理がいらないのはアツいです。とりあえずカスタム感が出せたので満足。ちなみに塗料は丁度一本使い切りました。

ついでにコンポも新調し、パワーメーター(4iiii PRECISION)も導入。

これからもメインバイクとしてガンガン使っていきます。

広告
カテゴリー: Road | タグ: , , , | コメントをどうぞ

未知との遭遇

おにゅう峠を福井県側から登るライドへ。「普通」という枠組みを越えて思いつかないようなことを思いつく人にただただリスペクト&感謝。自分は乗っかるだけだけれど。

素晴らしい一日でした。

IMG_0142

10419439_973627789361344_1292393816687037091_n

12219448_973627782694678_4340335815653605244_n

IMG_0164

IMG_0178

カテゴリー: Road | コメントをどうぞ

安心して下さい。履いてますよ。

IMG_0137

今シーズン普段履きで使用したパナのグラベルキング。リアを2本目に交換。雨天走行でもパンクする気がしない絶大な信頼感。時間がない子育てライダーにとって「パンクしない」ということはタイヤを選択するうえで重要なファクター。乗り心地・グリップともに良好。「自分より速い人と平地で千切り合いをする」というシチュエーションでもなければ重さや転がり抵抗もあまり気にならない。良いタイヤです。

カテゴリー: Parts, Road | タグ: , | コメントをどうぞ

fall

IMG_1912

夏が終わりすっかり秋の気配になりました。シーズンオフに向かって少し休んでいましたが、また、走りだします。

それと書いていなかった“けいはんな”のことですが。当日はハードウェットコンディションのレースに恐怖していたという理由から、レースには出走したもの“競争”から降りることをスタート前に選択。集団から離れて走れば危険も回避できるし他の選手の迷惑にならない。それに高強度インターバルの練習にはなるだろうとか思っていました。

スタート後、最初の登り坂でスローダウンする選手と一緒にズルズル後退して集団を離脱。30位ぐらいの位置まで下がる。ヤバい下がり過ぎたと気づいた時、時すでにお寿司。全開で走るも集団に追いつくどころか集団が見える位置までも戻せず、集団から千切れていく選手を時折かわしながらゴール。

トップ-35秒の15位。

想定していた通りの結果だったけれど、終わってからモヤモヤ。やるからには全力でやらないと後悔するよという経験を得られました。次からはどんなコンディションでも気合い入れていきます。

カテゴリー: Road | 2件のコメント

Last of

IMG_6980

もういくつ寝るとけいはんな。C4クラスにエントリーしているのですが今回でこのクラスを走るのは最後と決めています。どんな結果であったとしても。

レースが終わったらC3で勝負出来るレベルを目指したい。C3以上で走っている人は皆オーラがある。イカしてる。そこにシビれる!あこがれるゥ!

 

カテゴリー: Road | コメントをどうぞ

End of summer

IMG_8806

8月のライド日数は15日、距離は1000kmを超えました。内容も悪くはなかったけれど、最低週4日走るという目標は未達。お盆以降疲れからか朝起きられなかった日が何日か。反省。まだまだもっと頑張れる。まだまだもっとのびしろがある。はず!

カテゴリー: Road | コメントをどうぞ

One more effort

土曜日。北へ。

福王子を過ぎたあたりで雨が降り出す。タイヤの空気圧を落としてから御経坂を越え、下る。中川の集落で写真を撮っていると、ベッキ―さんのグループと遭遇。少し離れてついていく形になる。杉坂口で別れると思っていたら同じ裏京見の方向へ。登りはじめたところで後ろを走るのもやらしいかと思いご挨拶しながら無謀にも前へ。ギア固定。高強度で峠のピークまで。思いもよらずアゲられて良い練習になりました。ありがとうございましたとお礼を言って下る。下ったところでチームメンバーと合流して折り返し。京見峠の表をゆっくりダベりながら登る。

往路と同じルートを辿って門限の9時半ピッタリに帰宅。良い朝でした。

IMG_8775

 

カテゴリー: Road | コメントをどうぞ